竣工検査

「設計図書に基づいた仕様どおりに施工されているか」、「設備などに不備・不具合がないか」を徹底的に検査します。
また、建物の見栄え、機能面や性能面だけでなく、安全性も重要な視点の一つと考えています。例えば、「侵入者の足場になるような箇所はないか」、「柵は小さな子どもにも安全か」など、あらゆる視点で建物を検査し、建物引渡しまで監理を行います。


登記、税務等の手続き業務のサポート

建物竣工・引渡し後に必要な手続き業務である「建物表示登記」や「所有権保存登記業務」等をサポートします。


アフターサポート

建物引渡し後も、定期的(1年・2年後)に建物・設備の経年検査を行います。
「竣工検査時では判明しなかった設計及び施工上の問題点の抽出」、「建物使用状態の確認」、「施工会社のアフターメンテナンス履歴(瑕疵責任履行)の確認」等を行い、建物の長期的な使用をサポートします。


建物維持・保全計画

「既存建物を調査したい」、「耐震診断をしてほしい」、「建物の維持・保全計画を立案してほしい」などといったクライアント様のさまざまなニーズにお応えします。
また、運営効率を図るために「現状調査」から「中長期修繕計画の立案」、「維持管理費削減のコンサルティング」等、豊富な経験と技術力で、クライアント様の立場に立ち、ビルマネージメントをサポートします。


コンバージョン(用途転換)・改修

建物を新築・建替、保存するのみでなく、現代の街づくりの中で積極的に生かし続けるための施設利用が注目されています。
新築・建替とは異なり、コンバージョン(用途転換)・改修を行なう上では、既存建物の状況(構造強度、設備配管・機器の劣化状況)や用途変更による法規制等の様々な制約条件を把握する必要があります。
このような多くの制約条件の中で、最適解を導くために、総合的に改修計画を立案し、設計から工事監理までをトータルにサポートします。