建築・構造・設備設計

建物の設計では、建築意匠、構造計画、設備計画(機械・電気)、コスト設計等の数多くの専門能力が要求されます。
都市環境デザインでは、構造・設備の協力事務所と連携し、意匠・構造・設備を総合的にデザインします。
特に実施設計段階では、工事発注用の詳細な設計図の作成と細部の技術的な検討から外装・内装・照明・サイン計画・ランドスケープデザイン等を総合的にデザインします。


模型・パースの作成

設計図面を見ただけではなかなか建物や周辺環境との関係をイメージすることができません。
そこで、幾つものスタディー模型・スケッチパースを作成することで具体的なイメージを提供し、新たな視点からよりよい空間作りができるよう支援します。


工事発注・工事契約のサポート

クライアント様の立場から、経済性、合理性に優れ、かつ透明性のある効果的なコストマネジメントを行います。
発注支援業務として、「建物の規模・グレード・予定工事費をふまえた、適正な入札参加会社についての助言」、「発注仕様書作成のサポート」、更に「見積書の内容を適切に調査」します。
また、「契約書案及び契約図書の作成業務」から、「施工会社との契約の仲介業務」、「工事発注の手続き」もサポートします。


諸官庁手続きのサポート

建築基準法、各種条例に基づき申請業務を行います。
また、住宅性能評価申請、構造評定、防災評定等の特殊な建築物の認定申請業務も行います。


権利変換計画、等価交換事業等の
コンサルティング

第一種市街地再開発事業の場合、組合設立認可が得られると、次に権利変換計画を作成します。権利変換とは、事業施行前(従前)の各権利者に、その権利に応じて、事業完了後(従後)の建築物や敷地に関する権利を与えることを言います。
都市環境デザインでは、そのために必要な各種手法の検討を行い、権利変換認可に向けてのコンサルティングをします。
また、同時に補助事業の調整・申請のサポートを行います。


維持管理運営計画のサポート

管理の合理化を図り、維持コストを軽減するためにライフサイクルを考慮した効率的・合理的な施設配置と管理動線を検討し、施設計画に反映します。また、具体的な管理運営体制づくりに対する検討・サポートを行います。