基本設計案の作成

企画・基本構想時に抽出した敷地与条件をもとに、クライアント様からお話を伺いながら、建物の基本的な方向性・イメージを策定し、事業のベースとなる図面を作成します。
外装材等の検討、スタディ模型による建物ボリュームチェック、スケッチパースなどによる外観・内観デザインの検討を行うほか、周辺環境・景観に配慮した建物、地域に魅力を創出していく建物のあり方といった視点で、実現性のある基本設計案を作成します。


事業スケジュールの検討

準備組合設立、都市計画決定、本組合設立、権利変換までの事業スケジュールの検討や設計から工事着工、そして竣工までの設計工事工程を総合的に検討します。


建築コストの検討

基本設計段階で建物の仕様及び工事区分を想定し、概算工事費を算出することは、事業の確度を高める上で重要です。
補助事業の場合には、概算補助金額を算出し、必要に応じて関係機関との協議も行います。


事業成立性の検討

算定された概算工事費にもとづいて、社会情勢を考慮した資金計画を作成し、事業手法を含めプロジェクトの成立性を検討し、事業の骨子を固めます。


ディベロッパー、テナント導入の
コンサルティング

事業成立性を高めるために、必要に応じ、具体的な住宅ディベロッパーや商業テナントへのヒアリング等のサポートを行い、事業推進を図ります。


MD計画のコンサルティング

商業施設を計画する場合、どのような業種・業態を、どの程度の規模で、どのように配置すべきなのかといったMD(マーチャンダイジング)計画が重要となります。
商業コンサルタント等と協働し、施設イメージやコンセプトをより明確にし、より具体化するためにコンサルティングを行います。